Cocoonカスタマイズ 〜HARU channelを作ってみよう〜③【記事一覧】

アイキャッチ画像Cocoonカスタマイズ

WordPressの無料テーマ「Cocoon(コクーン)」。

それを使って、私が当サイト「HARU channel」をどのようにカスタマイズしてきたのか、その過程をご紹介しています。


引き続き、コーディング(CSS)を使ったカスタマイズについて説明します。
(紹介するコードは、全てコピペして使用していただいて構いません。)


前回は、以下の状態まで進みました。

HARU channelトップページ

これを最終的に、以下の状態にまでカスタマイズしていきます。

HARU channel トップページ

今回は、

  • 記事一覧

のCSSのカスタマイズについて、説明していきます。

(CSSの入力箇所が分からない方は、こちらをご覧ください。)

カスタマイズ全体像

記事一覧 ビフォーアフター

上の画像は、当サイトのトップページの記事一覧の部分です。
左側の記事をマウスオーバー(マウスカーソルを上に乗せた状態)にしています。

主な変更点は以下の通り。

●カードのカスタマイズ

  1. メインカラムの背景を透明に
  2. カードの背景を白く、角を丸くして、影をつける


●マウスオーバー時の動き

  1. 記事をふわっと浮き上がらせ、影を濃くする
  2. アイキャッチ画像をぼかしながら拡大する
  3. 「READ MORE」の文字をフェードインさせる



CSSはこちらです↓↓

/************************************
** 記事一覧
************************************/
/* ↓↓メインカラムの背景を透明に */
.home main, .archive main {
  background: transparent;
}
/* ↑↑メインカラムの背景を透明に */

/* ↓↓カードの背景を白く、角を丸くして、影をつける */
.entry-card-wrap {
  border-radius: 10px;
  box-shadow: 0 0 10px -5px rgba(0, 0, 0, 0.5);
  background: white;
  margin-bottom: 1em !important;
}
/* ↑↑カードの背景を白く、角を丸くして、影をつける */

/* ↓↓記事をふわっと浮き上がらせ、影を濃くする */
.entry-card-wrap:hover {
  box-shadow: 0 0 10px rgba(0, 0, 0, 0.5);
  transform: translateY(-2px);
  transition: all .3s ease;
  background: white;
}
/* ↑↑記事をふわっと浮き上がらせ、影を濃くする */


/* 	↓↓アイキャッチ画像をぼかしながら拡大する */
.entry-card-wrap:hover .entry-card-thumb-image {
  filter: blur(3px) brightness(60%);
  transform: scale(1.03);
  transition: 0.3s;
	opacity: 1;
}

.entry-card-wrap:hover .entry-card-thumb {
  overflow: hidden;
  line-height: 0;
  margin-bottom: .5em;
}

.entry-card-wrap .entry-card-thumb .cat-label {
  line-height: 1.7;
}
/* 	↑↑アイキャッチ画像をぼかしながら拡大する */


/* ↓↓「READ MORE」の文字をフェードインさせる */
.entry-card-wrap .entry-card-thumb::before {
  content: "READ MORE";
	
/* 	文字を画像中央に置く */
  display: flex;
  justify-content: center;
  align-items: center;
  width: 100%;
  height: 100%;
	
/* 	マウスオーバー時、「READ MORE」が一番前に出てくるように重なりを指定 */
  position: absolute;
  z-index: 1;
	
  color: #fff;
  opacity: 0;  /* 透明にして、「READ MORE」を見えなくする */
  font-family: sans-serif;
  font-weight: bold;
  transition: .3s;
}

.entry-card-wrap:hover .entry-card-thumb::before {
  opacity: 0.9;  /* 「READ MORE」が見えるようにする */
  font-size: 100%;
}

@media screen and (min-width: 481px) {
  .entry-card-wrap:hover .entry-card-thumb::before {
    font-size: 200%;
  }
}
/* 	↑↑「READ MORE」の文字をフェードインさせる*/

以下、カスタマイズ方法の詳細を、上から順番に解説していきます。

カードのカスタマイズ

メインカラムの背景を透明に

メインカラムの背景を透明に
/* ↓↓メインカラムの背景を透明に */
.home main, .archive main {
  background: transparent;
}
/* ↑↑メインカラムの背景を透明に */

カードの背景ごと、透明になってしまいましたね。笑

カードの背景を白く、角を丸くして、影をつける

カードの背景を白色に
/* ↓↓カードの背景を白く、角を丸くして、影をつける */
.entry-card-wrap {
  border-radius: 10px;
  box-shadow: 0 0 10px -5px rgba(0, 0, 0, 0.5);
  background: white;
  margin-bottom: 1em !important;
}
/* ↑↑カードの背景を白く、角を丸くして、影をつける */

カードの背景を白くして、形が分かるようになりました。

border-radius」の値で角の丸みを、「box-shadow」の値で影の向きや大きさなどを調整することができます。

前回の記事でも紹介しましたが、「box-shadow」の使い方についてはこちらの記事が分かりやすいので、よければご覧ください。

マウスオーバー時の動き

記事をふわっと浮き上がらせ、影を濃くする

/* ↓↓記事をふわっと浮き上がらせ、影を濃くする */
.entry-card-wrap:hover {
  box-shadow: 0 0 10px rgba(0, 0, 0, 0.5);
  transform: translateY(-2px);
  transition: all .3s ease;
  background: white;
}
/* ↑↑記事をふわっと浮き上がらせ、影を濃くする */

「transform」や「transition」はアニメーションをつけることができるCSSです。
「:hover」といった、マウスオーバーした時の動きをつける時などによく使われます。


transform: translateY(-2px);」は、「Y軸方向に−2px移動する」ということです。
少しややこしいのが、マイナスの値を設定することで上方向に動く、という点です。
プラスの値だと下方向に動きます。


「transform」の使い方については、以下の記事に分かりやすくまとめられていますので、よければ是非ご覧ください↓↓

【CSS】transformの使い方を解説!要素の変形や回転も自由自在
「transformは何ができるの?」「transformはどんな時に使うの?」 そもそも、「transform」自体に馴染みがないという人が多いのではないでしょうか?ですが、この効果はWebデザインに携われば必ず目にし ...

「transform」は、関数を使って色々な動きを指定することができます。

今回の記事一覧のカスタマイズには、他にも「transform」を使った動きが出てきますので、実際にどう使ってどのような動きになるのか、見て頂けると嬉しいです♪


transition: all .3s ease;」は、今回の場合だと「0.3秒かけて、記事をふわっと浮き上がらせて影を濃くする」ために指定しています。

主に変化にかかる時間などを指定するために使うCSS、と考えると分かりやすいかもしれません。


「transition」の使い方については、以下の記事に分かりやすくまとめられていますので、よければ是非ご覧ください↓↓

【CSSでアニメーション】transitionプロパティの使い方
今回は、CSSのtransitionプロパティを利用して、下記のように手軽にアニメーションを作成する方法を紹介します。  

ここまでの記事一覧のカードのカスタマイズは、「リスブロ」さんの記事を参考にさせて頂きました↓↓

Cocoonのカスタマイズ情報をたくさん発信してくれており、私もかなりお世話になりました。

アイキャッチ画像をぼかしながら拡大する

.entry-card-wrap:hover .entry-card-thumb-image {
  filter: blur(3px) brightness(60%);
  transform: scale(1.03);
  transition: 0.3s;
  opacity: 1;
}

●filter: blur(…) → 画像をぼかす
●transform: scale(…) → 画像を拡大する
●transition → 変化にかかる時間を指定

画像をぼかしながら拡大することができました。
先ほど説明した「transform」「transition」も出てきていますね。

これだけでも大きな問題はないのですが、画像のフチがボケてしまうので、調整していきたいと思います。

.entry-card-wrap:hover .entry-card-thumb {
  overflow: hidden;
  line-height: 0;
  margin-bottom: .5em;
}

画像のフチがボケてしまうのはなくなりました。

ただ、これだとカテゴリーラベル(「未分類」「妊活」などの部分)が潰れてしまいますね。
以下のCSSを追加します。

.entry-card-wrap .entry-card-thumb .cat-label {
  line-height: 1.7;
}

カテゴリーラベルの潰れもなくなりましたね。

「READ MORE」の文字をフェードインさせる

.entry-card-wrap .entry-card-thumb::before {
  content: "READ MORE";
	
/* 	文字を画像中央に置く */
  display: flex;
  justify-content: center;
  align-items: center;
  width: 100%;
  height: 100%;
	
/* 	マウスオーバー時、「READ MORE」が一番前に出てくるように重なりを指定 */
  position: absolute;
  z-index: 1;
	
  color: #fff;
  opacity: 0; /* 透明にして、「READ MORE」を見えなくする */
  font-family: sans-serif;
  font-weight: bold;
  transition: .3s;
}

.entry-card-wrap:hover .entry-card-thumb::before {
  opacity: 0.9; /* 「READ MORE」が見えるようにする */
  font-size: 100%;
}

マウスオーバーした時に、「READ MORE」の文字が現れるようになりました。

コメントもちょこちょこ入れてはいますが、ポイントとなるところをいくつか解説していきます。


1行目の「◯◯◯::before

前回の記事でも紹介した「擬似要素」と呼ばれるものの1つです。
前回は、「content: ” “;」の中身は何も書いていませんでしたが、今回のように文字を書くことも可能です。
「READ MORE」を「続きを読む」などとしてもいいかもしれませんね。


13行目「z-index

重なりを指定するCSSです。
今回の場合は、これを指定することで、画像のぼかしの上に「READ MORE」の文字を表示させることができます。

「z-index」については、以下の記事に分かりやすくまとめられていますので、よければご覧ください↓↓
(毎度お馴染み、サルワカさんの記事です、いつもお世話になってます。笑)

z-indexの使い方:CSSで重なり順を指定する
要素の重なり順を変えるCSSの「z-index」について図を使って解説します。効かないときの対処法もまとめてあります。

16行目「opacity: 0;」→ 23行目「opacity: 0.9;

もともとあった「READ MORE」の文字を透明にして見えなくして、マウスオーバー時に表示させることで、文字がフェードインしているように見せています。


これだけでもOKなのですが、個人的には「READ MORE」の文字をもう少し大きくしたかったので、以下のCSSを追加しました。

@media screen and (min-width: 481px) {
  .entry-card-wrap:hover .entry-card-thumb::before {
    font-size: 200%;
  }
}

画面幅481px(タブレットサイズ)以上では、「READ MORE」の文字の大きさが2倍になるようにしています。
(スマホサイズだと、ここまで文字を大きくすると、大きすぎて表示がおかしくなってしまうので…笑)

これで、ぼよ〜んとフェードインする感じがより出てきましたね。


記事一覧のアイキャッチ画像のカスタマイズも、またまた「リスブロ」さんの記事を参考にさせて頂きました↓↓


以上のカスタマイズをして、サイトは以下のような状態になりました。

HARU channelトップページ

記事のカードの形が分かりやすく、可愛らしい感じになりましたね♪

次回は、

  • ページネーション

のCSSのカスタマイズ方法を解説します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました