All-in-One WP Migrationの使い方(Local by Flywheelからさくらのレンタルサーバへアップロード)

アイキャッチ画像ブログ・Web制作

WordPressの無料プラグイン「All-in-One WP Migration」を使って、
Local by Flywheelからさくらのレンタルサーバへアップロードしたので、
その方法を自分の備忘録がてら記事にしました。

ドメインは、とりあえず無料で手っ取り早く取得したかったので(笑)、
さくらのレンタルサーバでサブドメインを取得しました。
簡単ではありますがその方法も解説します。

参考になる所がありますと幸いです。

All-in-One WP Migrationの概要や使い方に関して、こちらの記事を参考にさせて頂きました↓↓

All-in-One WP Migrationって何?

上の記事にもあります通り、簡単に言うと、
管理画面からの操作だけでサイトの引っ越しが完了する
という超スグレモノです!

そして、容量が512MBまでという制限はありますが、無料で使えます!

今回は、無料版を使ってサイトの引っ越しをしました。


【参考】ローカル環境からの移行という点に関して、データ容量に関係なく、無料でできる方法については以下の記事で解説しています↓↓

ただ、この方法はプラグインで移行する方法より10倍くらい手間がかかるし、ちょっと難しいです。
私も数々の失敗をやらかしながらなんとか成功しました笑笑

ただ、自分でデータベースを触ったりするので、WordPressの仕組みについての勉強にはめちゃくちゃなると思います!
余力がある方は是非、ご参考にしてください。

引越し先のドメインに、WordPress「All-in-One WP Migration」をインストール

まずは引越し先のドメインを取得し、WordPressと「All-in-One WP Migration」をインストールします。

サブドメインの取得

コントロールパネルへログイン

さくらのレンタルサーバのサーバコントロールパネルへログインして下さい。
https://secure.sakura.ad.jp/rs/cp/

サーバコントロールパネル ログイン

ちなみに、ドメイン名とパスワードはサーバー契約時の仮登録完了のメールに記載されています。

仮登録完了メール


サブドメインを取得

ドメイン/SSL→ドメイン新規追加 を選択すると、下記画面になります。
任意のアルファベットを入力、ドット( . )以下を選択し、追加を押してください。

サブドメイン取得

公式サイトの解説もご参考にどうぞ。

WordPressをインストール

WordPressのインストール画面へ

ホーム→ショートカット→WordPress インストール

WordPressインストール画面へ

又は
Webサイト/データ→クイックインストール→新規追加

WordPressインストール画面へ

で、WordPressのインストール画面を開きます。

アップロードするドメインの選択

Webサイトをアップロードしたいドメインを選択します。

WordPressをインストールするドメインの選択

サブドメインを選択すると、画像のような表示になります。
ドメインは、www付きでもなしでも、どちらを選んでもOKです。
Webサイトを公開するフォルダも自動で作成・変更してくれているので、このままでOKです。


データベースの新規作成

データベースを作成していない方は、データベースを作成します。
「データベースを作成」をクリックしてください。

データベース作成

データベースの新規作成画面が表示されます。

データベース作成

データベース名」と「データベース接続用パスワード」を任意の文字列で入力してください。

「データベースバージョン」と「データベース文字コード」はデフォルトのままでOKです。

「作成についての注意事項」を読み、「同意する」にチェックをして、「作成する」をクリックしてください。

公式サイトの解説も参考にどうぞ。


データベースの選択、データベース接続パスワード入力

作成後に元の画面に戻ってください。
利用データベース」は先ほど作成したデータベースを選択し、「データベースパスワード」に先ほど設定したパスワードを入力します。

データベース選択

なお「テーブルの接頭語」というのは、テーブルの前に付けられる識別子です。
デフォルトのままで問題ありませんが、私の場合は分かりやすいように変更しました。

そもそもテーブルとは何ぞやという方も多いと思いますが笑、
レンタルサーバー上でWordPressをインストールする場合は、特に気にしなくていいと思います。


ただ、私はこのテーブルを1ミリも理解していなかったせいで、データをレンタルサーバーにアップロードした後にサイトを見てみると、表示がとんでもなく崩れていた(ほぼ画面真っ白に近い)、という大失敗をやらかしたことがあります。

WordPressのユーザー情報を入力し、インストール

「WordPressサイト情報」の「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力してください。

WordPressサイト情報

最後にライセンスと利用規約を読み、「ライセンス・利用規約に同意する」にチェックをして、「作成する」をクリックしてください。

WordPressサイト情報


インストールしたWordPressへログイン

Webサイト/データ→インストール済み一覧 に、インストールしたWordPressの情報が表示されます。

インストール済一覧

管理画面URLを開くと、WordPressのログイン画面が出てきます。
「WordPressサイト情報」で設定したユーザー名とパスワードで、ログインします。

WordPressログイン画面



引越し先のドメインに、「All-in-One WP Migration」をインストール

All-in-One WP Migrationインストール

①プラグイン→新規追加 をクリック
②プラグイン名を入力し検索
③「今すぐインストール」→インストール完了後「有効化」をクリック

プラグインが無事インストールされました。

ローカル上のデータをサーバーへアップロード

ローカル上のデータのエクスポート

Local by Flywheel上のサイトに、先ほどと同じ要領で「All-in-One WP Migration」をインストールして有効化します。

All-in-One WP Migration データのエクスポート

①All-in-One WP Migration→エクスポート をクリック
②「エクスポート先」をクリックし内容展開
③「ファイル」をクリック

ダウンロード用のボタンが出てきたらクリックすると、ファイルがダウンロードされます。

All-in-One WP Migration データのエクスポート


php.ini設定の変更

サーバー上のサイトのWordPress管理画面に戻り、
All-in-One WP Migration→インポート をクリックすると、データをインポートできる画面が出てきます。

phpini設定の変更

ここに、ダウンロードしたデータをドラッグ&ドロップすればアップロードできるのですが、最大アップロードサイズが5MBしかありません
先ほどの画像だと、サイズは42MBですので少なくともそれ以上の容量が必要です。

そこで、最大アップロードファイルサイズを変更します。

さくらのレンタルサーバのコントロールパネルにログインし、
スクリプト設定→php.ini設定 をクリック。

phpini設定の変更

PHPiniファイル設定の画面が開くので、下記を入力します。

  • memory_limit = 50M
  • post_max_size = 49M
  • upload_max_filesize = 48M

数値はアップロードするファイルサイズにより適宜変更します。

●「memory_limit」→最大値
●「upload_max_filesize」→最小値
になるよう調整します。

また、「upload_max_filesize」の数値が、アップロードするファイルサイズをカバーするようにしてください。

入力したら「保存する」をクリックします。

www直下にphpiniファイルが保存されましたので、該当するドメインのフォルダにファイルを移動します。

Webサイト/データ→ファイルマネージャー
又は
ホーム→ショートカット→ファイルマネージャー

ファイルマネージャーへ

で、ファイルマネージャーを開きます。

phpini設定の変更

①php.iniファイルの所で右クリック
②「指定の場所に移動」を選択
③該当のフォルダを選択
④「OK」をクリック

又はドラッグ&ドロップでも移動できます。


サーバーへインポート

サーバー上のサイトを更新すると、最大アップロードサイズが変更されます。

All-in-One WP Migration データのインポート

①ローカル上のサイトからインストールしたファイルを、ドラッグ&ドロップでインポート
②「開始」をクリック


ハンバーガーショップのサイト

これで、https://hamburgershop.uh-oh.jp/ に移行できました。
お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました